このページの本文へ移動

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業について

 4月から身体障害者手帳の交付の対象とならない軽度・中等度の難聴児が補聴器を装用することで、言語やコミュニケーション能力の向上を促進するために、補聴器の購入に要する費用の一部を助成します。


 

■対象者
 ・町内に住所を有する18歳未満の人
 ・原則として両耳の聴力レベルが30デシベル以上の人
 ・身体障害者手帳の交付の対象とならない人

■所得制限
 世帯の中に市町村民税所得割が46万円以上の人がいる場合は、対象外となります。

■対象経費
 補聴器の購入及び更新に要する費用
 ※修理は、対象外

■自己負担額
 補聴器購入に係る費用の1/3及び補助基準額を超えた額

■手続きに必要なもの
 ・印鑑
 ・医師の意見書
 ・意見書に基づき補聴器販売業者が作成した見積書

 ※購入前に必ず福祉課へご相談のうえ申請してください。

 

□参 考
 身体障害者手帳における聴覚障害者6級程度とは
 1.両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの
   (40cm以上の距離で発声された会話語を理解し得ないもの)
 2.一側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 民生課
TEL/082-820-5635   FAX/082-855-0155
E-mail/minsei@town.kumano.hiroshima.jp