このページの本文へ移動

犬・ねこ不妊去勢手術を受けさせましょう。

ふやさないのも愛
不妊去勢手術を受けさせましょう!

犬猫画像

不妊去勢手術をかわいそうと思う人は多いですが、しないこともかわいそうなことなのです。

不妊去勢手術を行えば、発情のたびにくる心身の大きなストレスを回避でき、穏やかな性格になります。動物は子孫を残そうとする本能があり、自分で繁殖をコントロールすることはできません。

動物愛護センターに収容される犬・ねこの約50%は、子犬・子ねこです。繁殖をのぞまないのであれば、オスもメスも不妊手術を受けさせてください。彼らのしあわせのために実行できるのは、飼い主のあなただけです。

 

犬の繁殖について

メス犬は、生後6~9ヶ月で子犬を産めるようになり、年2回発情し、1回の出産で5~10頭の子犬を産みます。

ねこの繁殖について

メスねこは、生後4~12ヶ月くらいで子ねこを産めるようになり、初春から晩秋にかけ発情・妊娠・出産を2~4回繰り返します。

交尾の刺激で排卵するので、交尾すればほぼ100%妊娠し、1回の出産で4~8匹の子ねこを産みます。
 


不妊手術の主な利点

1 発情期の心身のストレスが軽くなる。

2 のぞまない妊娠がなくなる。

3 生殖器関連の病気のリスクが低くなる。

4 発情期特有の困った行動がなくなる。(鳴き声、マーキング、ケンカなど)

5  様々なリスクが軽減することにより、寿命が延びる。


リンク

 


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 生活環境課
TEL/082-820-5606   FAX/082-854-8009
E-mail/seikatsu@town.kumano.hiroshima.jp