このページの本文へ移動

医療費の自己負担はありません

 健康保険の範囲の医療費は、被爆者健康手帳を病院等に提示することで、自己負担分を支払わずに治療を受けられます。
 ただし、健康保険がきかない差額ベッド料や診断書料、インフルエンザの予防接種などは自己負担がかかりますので、ご注意ください。

 被爆者健康手帳を忘れたり、県外で医療を受けた場合は、いったんその医療機関に料金を支払い、熊野町役場民生課に払い戻しの請求をしてください。
 なお、審査・支払いは広島県が行います。

 請求については、所定の請求書に必要事項を記入の上、以下の書類を添付してください。

 添付書類

区分 添付書類
医療、歯科、調剤

・領収書(原本)
・診療報酬明細書(写)又は調剤報酬明細書(写)
・高額療養費等の決定通知書(原本)

    装具 ・領収書(写で可(原本証明))
 *装具内訳の記載があること。ない場合は、別途添付する。
・診断書(写で可(原本証明))
・装具装着証明書(写で可(原本証明))
    介護 ・領収書(原本)
・居宅サービス介護給付費明細書(写)又は施設サービス等
 介護給付費明細書(写)
・高額介護サービス費の保険者の支給決定通知書(原本)と
 その内訳がわかる書類。

*装具代金の領収書で、3万円以上の場合は、印紙が添付されている原本の写しが必要。

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 民生課
TEL/082-820-5635   FAX/082-855-0155
E-mail/minsei@town.kumano.hiroshima.jp