このページの本文へ移動

コンビニで町税等が納付できるようになります

 平成23(2011)年4月1日から従来の金融機関の窓口に加え、全国のコンビニエンスストア(以下「コンビニ」)で、町税・保険料・水道料金等が納付できるようになります。コンビニでの納付は、24時間いつでも納付可能で、手数料もかかりません。なお、コンビニでの収納に対応した新しい納付書は4月から順次発行いたしますが、3月までにお渡しした従来の納付書ではコンビニでの納付はできません。

コンビニで納付できる町税等

 町税    町県民税(普通徴収)、固定資産税、軽自動車税、国民健康保険税(普通徴収)
 保険料  介護保険料(普通徴収)、後期高齢者医療保険料(普通徴収)
 その他  保育料、町営住宅使用料、上下水道使用料

利用できるコンビニ
 町内のコンビニ(50音順)
  サークルK セブン-イレブン デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストアー ファミリーマート
 その他コンビニ(50音順)
  エブリワン MMK設置店(上下水道料金のみ) Kiox設置店 ココストア コミュニティ・ストア サンクス SPAR(北海道) スリーエフ セイコーマート セーブオン ハート・イン ポプラ・生活彩家  ミニストップ RICマート ローソン


納付書の様式が変わります
・ 
 町指定金融機関等(安芸農協、広島県信用組合、広島銀行、もみじ銀行、呉信用金庫、広島信用金庫、中国5県内のゆうちょ銀行(郵便局))と、コンビニで取扱いのできる新しい様式になります。ただし、金融機関のATMでは使用できません。
・ 税や保険料は、納付書が期別ごとに1枚の単票になります。納付の際は、納付書に記載されている期と納付期限をよくお確かめください。
・ コンビニでは納付書に記載されたバーコードで機械処理するため、金額の訂正ができません。督促状が届いたときにコンビニで納付される場合は、督促状で納付してください。
・ 葉書サイズの納付通知書は、宛名部分と納付書の部分を切り離し、納付書のみ提出してください。


こんな場合はコンビニで納付できません
・ 納付書にバーコードの印字がないもの(例えば、納付書1枚あたりの金額が30万円を超えるもの、町県民税と固定資産税の全期前納用納付書) 
・  納付書の金額を訂正したもの 
・  破損や汚れなどによりバーコードを読み取れないもの

安心してコンビニを利用していただくためのポイント
・ あなたの納付を証明する領収証書は、必ず受け取り大切に保管してください。
・ 収納ミスや事故を防ぐため、レジで発行されたレシートは必ず受取ってください。
・ 所持金の不足により、納付途中でキャンセルすることのないようにしてください。

問い合わせ先など
 納付書に、それぞれの連絡先が記載してありますので、各担当課へお問い合わせください。

 なお、納付には、納付忘れの無い、便利で確実な口座振替をお勧めいたします。