このページの本文へ移動

腸管出血性大腸菌感染症の予防について

腸管出血性大腸菌感染症については、毎年感染者が発生しており、平成18年においては、報告数3,910名(うち、死亡者数6名)となっています。
また、今年の1月1日から7月22日までの報告数は1,538名であり、これは昨年の同時期までの報告数1,289名よりも約2割多くなっています。




予防のために次のことに気をつけましょう

1.食品は、十分に中まで火を通す!
 お肉の中心部が75℃で1分以上加熱すれば菌は死滅します。

2.子どもや高齢者の方は生でお肉を食べないように!
 子どもや高齢者の方、身体が弱っている方は菌に対する抵抗力が低いので、生でお肉を食べないようにしましょう。

3.生肉に触れた箸で食べない!
 お肉を焼く箸と食べる箸を使い分けましょう。

4.調理器具、手指の洗浄・消毒を十分に行う!
 生肉を触った手やトイレの後は、しっかり手を洗いましょう。



このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp