このページの本文へ移動

公的年金の平成21(2009)年10月支給分から、町・県民税の特別徴収(年金天引き)が始まります。

地方税法の改正により、今まで納付書や口座振替で納付していただいていた、公的年金に係る町・県民税を平成21年10月支給分の年金からあらかじめ町・県民税を天引きさせていただく特別徴収制度が始まります。
※ここでの「公的年金」とは、老齢年金または退職により支給される年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金、退職共済年金など)のことで、障害年金や遺族年金は対象となりません。


特別徴収の対象となる人
 次の要件を全て備えている人が対象となります。
・前年中に公的年金等の支払いを受けていること
・当該年度の初日において、国民年金法に基づく老齢基礎年金等の支払い受け取り額が年18万円以上であること
・当該年度の4月1日に65歳以上であること
・介護保険料が年金から天引きされていること

特別徴収の対象となる年金
国民年金法に基づく老齢基礎年金等で、年額18万円以上の年金

特別徴収の対象となる町・県民税
特別徴収の対象となる町
・県民税は、公的年金等の年金所得に係る町・県民税のみとなります。なお、公的年金等以外に給与所得や不動産所得など他の所得がある場合、これらの所得に係る町・県民税は、従来通り給与からの天引きまたは、納付書や口座振替による納付となります。




このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 税務課
TEL/082-820-5603   FAX/082-854-8009
E-mail/zeimu@town.kumano.hiroshima.jp