このページの本文へ移動

高額療養費

 

 高額療養費制度とは、1月(同じ月内)に医療機関で支払った医療費の自己負担額(一部負担金)が高額となった場合に、申請により一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分を「高額療養費」として支給する制度です。

 

【申請に必要なもの】

 高額療養費の支給対象世帯には、医療機関に受診してから2~3カ月経過した後に、住民課よりお手続きのお知らせをさせていただきますので、次の物をご持参ください。

 ・ 印鑑(認印可)
 ・ 国民健康保険被保険者証
 ・ 受診した医療機関の領収書
 ・ 通知書
 ・ 世帯主名義の通帳


 

●70歳未満の人の場合

 自己負担額(一部負担金)が、定められた自己負担限度額を超えた場合には、申請によりその超えた額を「高額療養費」として支給します。

【1ヶ月の自己負担限度額】

所得要件 区分 3回目まで 4回目以降

「所得」が901万円を

超える

252,600円

+(医療費-842,000円)×1%

140,100円

「所得」が600万円を

超え901万円以下

167,400円

+(医療費-558,000円)×1%

93,000円

「所得」が210万円を

超え600万円以下

80,100円

+(医療費-267,000円)×1%

44,400円

「所得」が210万円以下

(住民税非課税世帯を除く)

57,600円 44,400円

住民税非課税世帯

35,400円 24,600円

※「所得」とは、保険税の算定の基礎となる「基礎控除後の総所得金額」のことです。所得の申告がない場合は区分アとみなされますのでご注意ください。

 

【自己負担額の計算方法】

・月ごと(1日から末日まで)の受診について計算します。


・同じ医療機関でも、医科・歯科、外来・入院別に分けて計算します。

・一つの世帯内で、同じ月内に21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、それらを合算することができます。


・入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代などは支給対象外です。 

 

【高額療養費の支給が4回以上ある場合】

 過去12ヶ月以内に、1つの世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合、「4回目以降」の限度額を超えた額が申請により支給されます。

 

 

●70歳以上75歳未満の場合 (平成29年8月から高額療養費の上限額が変わりました)

 すべての医療機関で支払った自己負担の額が計算の対象となります。

【1ヶ月の自己負担限度額】

所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)

現役並み

所得者

57,600円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

(4回目以降は44,400円)

一般

14,000円※1

57,600円

(4回目以降は44,400円)

低所得者2 8,000円 24,600円
低所得者1 8,000円 15,000円

※1 8月から翌年7月までの年間限度額は144,000円です。

・現役並み所得者は同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人(ただし、70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入合計が、2人以上で520万円未満、1人で383万円未満の場合は申請により、「一般」の区分と同様となります)。

・低所得者2は同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人。

・低所得者1は同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円とする)を差し引いたときに0円となる人。

 

【自己負担額の計算方法】

・月ごと(1日から末日まで)の受診について計算します。


・医療機関・診療所、 医科・歯科、入院・外来の区別なく、一部負担金を合算します。


・入院時の食事代や保険がきかない差額ベッド代などは支給対象外です。

 

 

●確定申告における取り扱い

・確定申告の際は、医療費控除額(領収額)から高額療養費支給額が差し引かれますので、ご注意ください。

・確定申告で領収書を提出すると、高額療養費の請求が困難になるため、まず高額療養費の申請手続きを行なうことをお勧めします。


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 住民課
TEL/082-820-5604   FAX/082-855-0155
E-mail/jumin@town.kumano.hiroshima.jp