このページの本文へ移動

夏こそ、親子で元気アップ!

大人の生活習慣病予防対策として、
4月から特定健診・特定保健指導が始まりました。
これは、40歳~74歳までの成人を対象にしたものなので,大人の問題と思われている方が多いかもしれません。
しかし、最近の調査によると、食生活・食習慣の変化により、子供たちの生活習慣病(特に肥満)が増加傾向にあるといいます。
これと同時に、運動(遊び)の機会が減ったことによる、体力低下にも歯止めがかからない状況です。
あなたのお子さんは大丈夫ですか?

【親子別々に、チェックしてみましょう!】


□  よく『疲れた』と口にする
□  外で遊ぶよりも、家の中で遊んでいることが多い
□  清涼飲料水やスナック菓子が好き
□  毎日、テレビを3時間以上見ている
□  夜11時になっても寝ない日が、週2回以上ある
□  テレビゲームが好きで、毎日やっている
□  朝ごはんを食べないときがある
□  標準よりも太っていると思う
□  運動したりからだを動かすのは、好きではない
□  転んで顔にケガをしたことがある

あてはまるものが、
0~1個 心配いりません 
      これからも、生活リズムをくずさないように気を付けましょう!
3つ以上 黄色信号
5つ以上 赤信号
      黄・赤信号だった方は、生活習慣を見直してみましょう!

(お子さんとの回答のずれにも注意してください)

※文部科学省発行(財)日本レクリエーション協会制作元気アップ親子セミナー用ブック『Touch!』より転載

【生活習慣を見直すには!】
 1・いっぱい遊ぶ
 2・おいしく食べる
 3・ぐっすり眠る
これら3つのうち、できそうなことから始めてみましょう。


【夏の行事を上手に利用しましょう!】
夏休みといえば、ラジオ体操です。
ちなみに、軽い運動と思われがちなラジオ体操ですが、実は、第1、第2ときちんとやれば、一日に必要な運動量の5分の1から3分の1になると言われています。
日ごろの運動不足を親子で解消する為にも、ほんの少し早起きして、みませんか?
夏の間に親子で元気アップしましょう!

ラジオ体操


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp