このページの本文へ移動

予防のリハビリ

リハビリテーションって なんだろう。

予防のリハビリ
寒さも本格的になり、体が硬くなったり、お出かけが辛くなったりしていませんか。
少しでも体を動かして、動きにくさを予防したいものです。

ゆっくり体を動かしてみましょう
体を動かすといっても、慣れない運動を急に行うと、体を痛めてしまいます。
運動に慣れている方もストレッチングや整理体操をしっかり行うようにしましょう。
運動に慣れていない方も、ちょっとした運動で構わないので、少し体を動かしてみましょう。
例えば、手をグーに握ったり、パーに開いたりするだけでも手が温かくなってきます。
さらに右手をグー、左手をパーにして、次に右手をパー、左手をグーにします。
それを繰り返すと頭の体操にもなります。
グーとチョキ、チョキとパーの組み合わせも挑戦してみてください。

グーとパーのイメージ

心と体のつながり
体が動きにくいからと、家の中で過ごすことが多くなると、心も動きにくくなることがあります。
家にばかりいると、人に会う機会も少なくなり、気持ちが外へ向かなくなったり、外出が億劫になったりします。
そして筋力など体の機能低下につながり、さらに体が動きにくくなります。
お出かけをしたり、人に会うことで心がしっかり動いていきます。
体の動きと心の動きはつながっています。
うまくつながっていくように、無理のない範囲でゆっくりと心と体を動かし続けたいものです。

具体的な身体の動かし方など、理学療法士、作業療法士(リハビリテーション専門職)等が相談を受け付けています。
健康課へご連絡ください。



このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 高齢者支援課
TEL/082-820-5605   FAX/082-855-0155
E-mail/korei@town.kumano.hiroshima.jp