このページの本文へ移動

住民税の住宅ローン特別税額控除について

控除しきれなかった分は住民税(所得割)から控除されます。

 税源移譲により、所得税が減額となり、控除できる住宅ローン控除額が減る場合があります。平成18年末までに入居し、所得税の住宅ローン控除を受けている方で、所得税から控除しきれなかった額がある場合は、翌年度の住民税(所得割)から控除できます。

 住民税の住宅ローン控除の適用を受けるためには、毎年申告が必要です。

<注意事項>

・平成20年分の所得税から控除しきれない額が発生した方は、以下の様式をダウンロードの上、必要事項を記載して、平成21年3月16日までに、熊野町税務課へ提出してください。(年末調整給与所得者の方は源泉徴収票の原本を添付してください。)

・郵送での提出も可能です。(電子メール等インターネットを利用した申告はできません。)

・確定申告をされる方は、確定申告書とともに税務署へ提出することができます。

<住民税の住宅借入金等特別税額控除申告書様式>

 ・様式は、源泉徴収票又は確定申告書に記載された必要事項を転記するだけで簡単に作成できるよう、事前に計算式を入力してあります。


添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町総務部 税務課
TEL/082-820-5603   FAX/082-854-8009
E-mail/zeimu@town.kumano.hiroshima.jp