このページの本文へ移動

笑顔 はな咲く 健康くまの21


笑顔 はな咲く 健康くまの21
~ れあい あい あなたと一緒にまめでいたい ~

くまの21イメージ写真
●笑顔 はな咲く 健康くまの21とは?
 わが国は生活環境の改善や医学の進歩により、平均寿命が急激に伸び、世界一の長寿国となりました。一方で、がん、脳血管疾患、心疾患、糖尿病などの生活習慣病が増加し、それに伴い寝たきりや認知症のため介護が必要になる人も増加しています。
 このような背景のもと、国は、21世紀の日本をすべての国民が健やかで心豊かに生活できる活力ある社会とするため、(1)壮年期死亡(早世)の減少、(2)健康寿命の延伸、(3)生活の質(QOL)の向上、の実現を目指して「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」(平成12年3月)を策定しました。
 この計画では、健康を増進し、発病を予防する「一次予防」に重点をおいた対策が重要視されており、生活習慣病やその原因となる生活習慣の改善に関する具体的な数値目標(2010年度)が掲げられています。
 一方、広島県においても平成13年度に「広島県保健医療計画」を策定し、県民の健康づくり運動の目標を示しています。
 熊野町においても、これまで様々な健康づくりの施策を展開してきましたが、行政だけでなく、職場や地域、町民がそれぞれ主体的に健康づくりを実践し、子どもから高齢者まですべての町民が健康で生き生きと楽しく生活できるまちを目指して、この「健康くまの21」を策定しました。

●計画の位置づけ
 この計画は、次のような性格、位置づけを持っています。
(1)熊野町の健康づくりに関する分野別計画として位置づけられます。
(2)国の健康増進法に規定する住民の健康増進の推進に関する施策についての計画(市町村健康増進計画)にあたります。
(3)熊野町高齢者保健福祉計画等、他の関連計画との整合性を図りながら進めていきます。
(4)町民の健康づくりを、町民や関係機関・団体、事業所などと行政が一体となって推進するための行動計画です。
(5)町民や関係機関・団体、事業所、それぞれの役割を担いながら主体的に健康づくりに取り組むための行動指針を盛り込んでいます。

●計画の期間・目標年度
この計画は、平成18年度(2006年度)を初年度とし、平成27年度(2015年度)を目標年度とする10年間を計画期間とします。また、計画の中間年度である平成22年(2010年)度に達成度の評価と見直しを行うほか、社会情勢等の変化を踏まえ、必要に応じて見直すこととします。

●計画の策定体制
この計画の策定にあたっては、単に計画書をまとめるだけでなく、策定後の町民の積極的、主体的な健康づくり活動につなげるために、次のような取り組みを行いました。
○プロジェクトチームの設置
健康をキーワードとして、行政の様々な分野の職員が、「プロジェクトチーム」を組織し、協働して多角的な視点から行政の役割を検討するとともに計画を策定しました。
○健康づくり会議の開催
健康づくりの主役である町民とそれを支援する関係団体や行政が、健康づくりに関して共通認識をもち、一体となって取り組むために、地域の様々な組織の代表からなる、「健康づくり会議」を開催し、職員によるプロジェクトチームと協働しながら、計画を策定しました。この会議では、メンバーを町民のライフステージ別に・そだちざかりグループ・はたらきざかりグループ・いきがいざかりグループの各2グループ合計6グループに分け、それぞれの分野について計画案の策定を進めました。
○策定委員会での検討
計画書について、町の総合的な保健福祉施策の観点から検討を行うため、「熊野町保健福祉推進協議会」を「健康くまの21」計画の策定委員会として位置づけ、幅広い審議を行いました。


●基本理念
『世代を超えて地域でつながる健康なまち くまの』

めざすまちの姿
町民一人ひとりが世代を超えて地域のつながりの中で元気に安心して過ごせる健康なまち
・自分らしさを持ちながら地域のなかでいきいきと過ごせる健康なまち


 町民の健康寿命の延伸・生活の質の向上を実現するためには、積極的な健康づくりを進めるとともに、一人ひとりが主体的に取り組むことが大切です。また、個人だけではなく地域や社会全体で健康づくりを支援していくことは、健康なまちづくりを目指す上でも重要であることから、そのための手段・方法をみんなで共に考え、取り組んでいきます。
 健康を増進し、疾病を予防する『一次予防』に重点的に取り組む事業として、生活習慣病予防対策事業を個人の健康づくり支援とともに地域全体の健康づくり(気持ちの元気とからだの元気)に向けて発信していきます。

●健康づくりの取り組み
  この計画は、次の6つの基本指針に則して策定します。
(1)町民主体の健康づくり
町民の健康寿命の延伸と生活の質の向上のためには町民一人ひとりが生活習慣を見直し、自分にあった健康づくりに取り組むことが必要となります。このため、健康づくりについて行政と町民の役割を明確にし、町民が健康づくりに主体的に取り組む事が出来るよう支援します。
(2)一次予防の重視
疾病対策の中心であった健康診査による早期発見及び早期治療(二次予防)だけでなく、生活習慣の改善を柱とした健康づくりにより、疾病の発病を予防する「一次予防」を重視した対策を推進します。
(3)目標の設定と評価
計画を効果的に推進するために、町民の意識等に基づき、当町の特徴を踏まえた重点目標を選定し、その優先度を明確にしながら、健康づくりの最終的な成果の目標、または生活習慣の改善等その中間指標となる目標を具体的に設定します。そして、その目標に対しての成果を評価しながら次の健康づくりに生かしていきます。
(4)町民の健康意識の向上を支援するまちづくり
個人の健康は一人ひとりの取り組みが基本ですが、それだけでは成し遂げることが難しく、家族や地域をはじめ、医療機関、教育関係機関の協力など健康意識の向上を支援する環境も必要です。そのため、健康づくりが町民と地域、各専門職、関係機関との協働作業で行えるよう、体制の整備を図ります。
(5)町の健康施策・地域の特色を生かしたまちづくり
「健康くまの21」をもとに行政とともに町民がそれぞれ中心となって、町の健康施策や地域毎の傾向や特徴を踏まえた取り組みを行っていけるよう計画の啓発等を進めていきます。
(6)健康を支える総合的な環境づくり
健康な生活を実現するための生活環境・社会環境・自然環境はとても大切です。町民一人ひとりの健康づくり活動を支援する環境の整備、町の四季を感じられる豊かな自然の保全、地域での人と人とのつながり、伝統や文化の継承、スポーツなどを通じてのなかまづくりを目指します。そして町民が健康を意識して生活できる環境づくりをライフステージ別・健康レベル別の両面からそれぞれ取り組み、推進していきます。


●きもちの元気(ライフステージ別での取り組み)
 健康にかかわる課題は個人のライフステージによって異なります。ライフステージごとの特徴を生かし、3つの世代(そだちざかり・はたらきざかり・生きがいざかり)に分けて、健康づくりの取り組みを考え、実施、評価していきます。

●○そだちざかり○●
育ちざかりとは?
乳幼児から学童・生徒までの子どもたちと子育てをしている大人たち。やさしいこころと元気なからだの成長と基本的生活習慣を身につけ、すこやかに親子で育ち合う世代。家庭や集団の影響を受け、健康観を形づくる時期です。

そだちざかりの理想の姿
安心・安全なまちと自然・人とのふれあいの中でゆったりと子育てができる

・・・そだちざかり健康づくりの3つのキーワード・・・
     すこやか  ふれあい  ゆったり

【親も子も笑顔ですこやかな心とからだを育む】
 3食をバランスよく食べ、朝ごはんもしっかり摂って、こころもからだもたくましくなろう。
 子どもの時から、生活リズムをつけよう。
 子どもの時からの健康づくりの大切さをみんなで考えよう。

【世代を超えたあたたかい人とのふれあいの中で子育て】
 近所の人とあいさつをかわそう(顔見知りになろう)。地域全体で見守り育もう。
 いろんな世代が集まって情報交換をしながら、いきいきと子育ての話や遊びを楽しもう。
 得意分野、スペシャリストを見つけ、その人達と交流しながら地域でのお楽しみ会をつくろう。
【のびのびとした豊かな自然と文化に触れながらゆったり子育て】
 子どもも大人も家族みんなで楽しみながら自然の大切さを感じる体験をたくさんもとう。
 きれいな川、きれいな空気、植物がいつまでも豊かな町でありつづける。その大切さをみんなが知り、守ろう。

●○はたらきざかり○●
はたらきざかりとは?
地域で暮らしている意識や健康への気配りが希薄になりがちな世代ですが、まちを支える大黒柱であり、世代と世代をつなぐかけ橋の役割を持っています。あわただしく毎日を過ごし、癒しをもとめながら自分も家族も大切にする世代。

はたらきざかりの理想の姿
こころと体の健康を保ちながら、地域の中でいきいきと暮らす

・・・はたらきざかりの健康づくり3つのキーワード・・・
      充実感  つながり  健康意識

【自己実現! 夢ややりたいことに向かって歩んでいます】

 仕事や子育て、家族のお世話など沢山の役割をもちながらも、仕事や趣味なども含めて自分がやりたいことや今まであたためてきた夢などを実現させていこう。
【つながりを大切にします】
 家族とのふれあいのなかで子どもたちに社会性や基本的生活習慣を伝えていこう。また家族との時間を大切にしよう。
 会社や職場のなかで、仲間同士とのつながりを持ち、働きやすい環境を整えよう。地域の人たちとつながりを持ち、地域性を大切にして、大人から次の世代へ  熊野の伝統や風習を語り伝えるかけ橋としての役割を果たしていこう。

【健康について考えながら生活します】
 忙しくストレスの多い世代ですが人生のターニングポイントの位置であるからこそなぜ健康が大切なのかその目的も考え、自分の健康を意識しながら生活を送り、生活習慣病を予防していこう。自分の時間を上手くみつけ、こころと体のストレスと上手に付き合っていこう。
 職場とは違う地域のひとたちとのつながりや交流などをもつことで、こころのゆとりを持とう。

●○いきがいざかり○●
生きがいざかりとは?
時間的ゆとりもでき、長年住み慣れたまちで、親しい人に囲まれ、地域活動へ積極的に参加できる世代。
加齢による身体機能とうまくつきあい、生活の質を高め、人とのつながりを通して豊かな人生の完成を迎える時期です。

いきがいざかりの理想の姿
生きがいを持ち、自分らしく、いきいきと生活できる

・・・いきがいざかりの健康づくり3つのキーワード・・・
   自分らしさ  居場所  つながり

【自分らしく自分のペースでいきいきと生活していく】
【近所や地域との関わりの中で声を掛け合う仲間づくり】
【自分の得意な分野や活躍できることをふれあいを通して伝えていく】

 熊野の郷土料理やお袋料理、地場野菜を使ったヘルシーな料理を伝えていこう。
 自分の役割や生きがいをたくさん見つけて増やそう。



●からだの元気(健康レベル別の取り組み)

●○循環器病予防(健康自律行動支援プログラム)○●
 心臓病や脳卒中などの循環器病は死因別死亡の主要原因の一つで、医療機関への受診件数も最も多く、私たちの健康への影響が大きい疾病です。また、基本健康診査結果では中等度・重症高血圧の割合が国・県よりも高くなっています。循環器病は寝たきりや認知症との関連も深く、熊野町の要介護状態の原因としても脳血管疾患が最も多く、その比率も全国に比べて高くなっています。
 これらは生活習慣と大きく関わっていることから、生活習慣の改善により疾病の発症や悪化を防ぎ、さらには循環器病の早期発見早期治療に取り組むことでさらなる健康寿命の延伸と生活の質(QOL)の向上を目指します。その手段の1つとして、健康自律行動支援プログラムにより積極的な健康づくり支援を展開していきます。これは住民健診等の健診結果から生活習慣病に罹る可能性の高い人を科学的根拠により選び出し、持続性のある自律行動に結びつくよう効果的な支援を中心とする取り組みによって生活習慣病の一次予防を推進し、町民の健康寿命を延伸させることをねらいとしています。一人ひとりが食事や栄養、運動、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣について、自ら考え、生活習慣改善に向けて積極的に取り組めるよう、保健師・栄養士・健康運動指導士等の専門職による個別面接のもと、参加者各人に合わせた目標を設定し、その達成にむけて支援していきます。
【理想の姿】
生活習慣病予防活動に積極的・持続的に取組む、元気で活動的な人や健康への関心のある人が地域の中に増え、活力あるまちとなる。 
・・目標・・
一人ひとりが健康に関心を持ち、自らの生活改善の目標が設定でき、自分にあった取組み内容を計画でき、継続して実践できる。

●○がん予防○●
 がん(悪性新生物)は生活習慣病の1つであり、社会環境や生活習慣の変化にともなって増加しています。熊野町においても、死因別死亡(平成13年から平成15年までの累積)をみると死因別死亡の1位はがんであり、県と比較して2.6%高い状況となっています。またがんによる死亡の内訳をみると「胃」・「結腸」はともに2%程度、県よりも高く、「肝・肝内胆管」は県よりも3.7%低くなっています。
がんを予防し、その発症の可能性を低くするために、がん予防のための生活習慣改善に関する知識の普及やがん検診の受診率向上、早期発見、早期治療への支援体制の整備など、総合的ながん予防対策を推進します。
次に熊野町におけるがん検診受診率をみると子宮がん検診以外の各がん検診受診率は県目標受診率値を上回っています。また精密検査受診率は77%であり、精密検査の受診勧奨、要精密検査者へのフォローを今後も充実させていく必要があります。
【理想の姿】
一人ひとりが健康に関心を持ち、検診を受け、その結果を生かすことができる。
・・目標・・
1年に1回は各がん検診を受け、検診結果を自分の生活に生かし自己管理していく。


●領域別の取り組み
 熊野町では「からだの元気」をすすめていくために、ライフステージ別だけでなく、領域別の健康づくりに取り組んでいきます。計画を立て、活動していくなかで、取り組みの効果を町民、関係機関、事業者、行政が共有していくために、具体的な数値目標を設定し、成果を評価していきます。

●○食生活○●
【理想の姿】
食生活の自己管理ができる人を増やし、町民がバランスのよい食事内容と量を心がけ健やかなからだをつくる。
・・目標・・
1 自分にとってちょうどよい食事の内容や量を知っている。
2 ごはん・おかずをバランスよく食べる。
3 時間をかけ、ゆとりを持って食事をする。
4 体重を気にしながら食事内容に気をつけている。
5 朝ごはんを食べる。

●○運動・身体活動○●
【理想の姿】
自分にあった運動習慣を身につけ、運動不足などによる生活習慣病を予防する。
・・目標・・
1 からだを意識して動かし運動習慣をつける。
2 自分の適正体重を持ち、近づけるように努力する。
3 社会活動(趣味のサークルや熊野でのイベント)などに参加する。
4 なるべく外出をする機会をもつようにする。

●○休養・こころの健康○●
【理想の姿】
自分流のストレス対処法を持ち、こころを休ませる。
目標
1 ストレスをためない方法を知り、ストレスを軽減する。
2 休息を充分にとる。
3 子育てのストレスをできるだけ軽減する。

●○たばこ○●
【理想の姿】
たばこが疾患へのリスクを高めることを町民一人ひとりが自覚し、健康を損なわない環境づくりをすすめる。
・・目標・・
1 たばこが及ぼす健康影響について知っている。
2 タバコを吸うひとを減らす。(喫煙率減少)
3 未成年の喫煙をなくす。

●○アルコール○●
【理想の姿】

節度ある飲酒量を認識し、適切な飲酒を心がける。
・・目標・・
1 自分にとってのアルコールの適量を知っている。
2 休肝日をつくっているひとが増える。(毎日の飲酒を控える)

●○歯と口の健康○●
【理想の姿】

町民一人ひとりが、歯・口腔の健康づくりを実践し、健康な自分の歯を維持する。
・・目標・・
1 むし歯の無い子どもを増やす。
2 甘い物を食べる習慣のある子どもを減らす。
3 定期的に歯科検診を受ける人を増やす。

●○糖尿病○●
【理想の姿】

子どもの時から、よい生活習慣をひとり一人が心がけ、糖尿病などの生活習慣病を予防する意識を町全体で高める。
・・目標・・
適切な運動・食事で糖尿病を予防する。また上手に血糖をコントロールし合併症を防ぐ。自分にとってのアルコールの適量を知っている。

 
笑顔 はな咲く 健康くまの21計画書

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp