このページの本文へ移動

けんこう通信 お出かけをしてみましょう

リハビリテーションって なんだろう。

季節もすっかり暖かくなり、お出かけをするのが楽しみな時期になりました。
お出かけをしたいけど、からだが動きにくくなって、家の中で過ごすことが多くなっていませんか。
豊かなお出かけをすることは、リハビリテーションの活動において大切なことです。 
からだが動きにくくなった場合、筋力をつける事や、関節を柔らかくする事も大切ですが、安全に動きやすいように環境を整えていく事もとても大切です。

環境を整えるとは

動きやすく環境を整えるとは具体的にどんなことでしょう。
例えば、家の中でいつも通る場所にはつまずきやすいものを置かないようにましょう。
段差などの大きな動きが必要な場所には手すりを取り付けてもよいでしょう。
最近は出かけた先でスロープや手すりを見かけることも多くなりました。
長い距離を移動する際は、杖や車いすを利用することで、お出かけの活動範囲が拡がります。

豊かなお出かけ

車いすの方が一人で近所のお店へ出かけた際、自動ドアでないところは行きにくいという話を聞くことがあります。
建物等の環境が整うことも大切ですが、「手伝いましょうか」とドアを開けて、「ありがとう」と気持ちを交わすことができる人が存在することがとても大切なことと思います。
明るい日ざしのもと、からだとこころを楽しく動かすお出かけをしてみてはいかがでしょう。

リハビリテーションの相談を理学療法士、作業療法士等が受け付けています。
詳しくは、健康課までご連絡ください。




このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp