このページの本文へ移動

健やかに生み育てるための環境づくり

  1 母子保健医療体制の整備  
  2 子どもの健康づくりと疾病予防の充実
  3 病気児童・障害児への療育支援

1 母子保健医療体制の整備
 ○妊婦相談・両親学級などの健康教室の充実と参加しやすい環境づくり
 ・妊娠中の喫煙・飲酒の防止をはじめ、その他妊娠、出産、育児についての正しい知識の普及や子育ての仲間づくりの場として、ニーズに沿った内容の実施に努め、参加者の拡大を図ります。
 ・妊娠届の際や家庭訪問などの機会を捉え参加を促すなど、他の事業との連携によるPRを強化するとともに、開催回数、日時などについて必要に応じた見直しを行い、より多くの参加が得られる環境づくり(夜間開催・休祝日開催等)を進めます。

 ○妊産婦・乳幼児の訪問指導の推進
 ・第1子、ハイリスク妊産婦・乳幼児への家庭訪問を推進し、妊娠中から産後の生活、育児方法などについてのアドバイスを行うことによって、対象者の不安の軽減を図ります。

 ○乳幼児健診の充実、強化
 ・保健師などのスタッフやデータ管理体制などの充実によって、より精度の高い健康診査体制をめざすとともに、健診結果を活用した指導・相談内容の一層の強化を図り、保護者に安心とゆとりを与える乳幼児健康診査を推進します。
 ・受診率向上のため、引き続き個別通知を実施するとともに、未受診者に対する受診勧奨を強化します。また、健診中の待ち時間の解消や待ち時間における企画の実施などに取り組み、受診者の満足度を高めていきます。

 ○要事後指導児へのフォロー体制の整備
 ・乳幼児健康診査の結果、フォローが必要と判断される乳幼児に対しては、家庭訪問や心理判定員・医師による療育相談を引き続き推進していくとともに、対象者が学童期程度に至るまでの間、関係機関と連携しながら継続したフォローを行っていきます。
 
 ○かかりつけ医の推進
 ・かかりつけ医は、子どもの健康をより適切に保つとともに、保護者の育児不安の解消に大きな役割を果たすことから、保護者がかかりつけ医を確保しやすいよう、必要な情報提供や地域医療体制の充実に努めるとともに、育児不安の解消のため、小児科医による精神的支援を受けられる「プレネイタル・ビジット(出産前小児保健指導)」について調査・研究に努めます。

 ○夜間・休日等救急医療体制の周知
 ・夜間・休日等における救急医療体制について、各種教室等で母子健康手帳へのメモ書きを徹底するとともに、広報紙等で定期的に周知していきます。

2 子どもの健康づくりと疾病予防の充実
 ○乳幼児期から思春期に至るライフステージに応じた健康教育の推進
 歯の健康づくりの推進
 ・生涯健康で質の高い生活を送るためには、歯・口の健康づくりが欠かせないことから、妊娠期・乳幼児期における歯科検診、フッ素塗布、子どもの歯の相談などを引き続き推進・充実していくとともに、家庭での虫歯予防に向けた指導を強化します。また、学童期においても歯科検診、歯科保健学習、フッ化物の局所応用を検討し、永久歯のう蝕予防・治療に向けた継続的な歯科保健体制を整備していきます。
 食育の推進
 ・家庭に対して「食」を中心とした健康情報の提供を行い、食生活への関心を高めていくとともに、食のリズムや家族で楽しく食事を摂取することの大切さを啓発していきます。
 ・生涯にわたり、望ましい食習慣を身につけ実践できるよう、子どもの成長に合わせたよりよい食生活のあり方について親子がともに学習し、体験できる場(子ども健康館、料理教室等)の提供を行います。
 ・食と肥満の関係についての情報提供・学習機会の提供を行い、肥満児の減少に努めます。
 スポーツ少年団等の組織の育成
 ・スポーツを通じて、人と人とのつながりを深め、心身ともに健全な子どもの育成を図るため、スポーツ少年団をはじめとする各種スポーツ組織の自立・育成を進め、生涯にわたりスポーツに親しめる環境を整備します。
・組織の中心となるリーダーづくりや、ボランティアを含む指導者の育成・確保などの指導体制の強化を支援します。
 
 ○子どもの「心の健康づくり」の推進
 ・多様化する子どもの心の問題に対して、学校、家庭、地域の密接な連携のもと、子どもの心の健康づくりが取り組めるよう、意識啓発を推進します。
 ・学校におけるスクールカウンセリングや町の教育相談室をはじめとして、各相談機関や電話・電子メールを利用した相談サービスなどの周知を行い、心の健康の回復や保持増進を支援します。

 ○保育所(園)・幼稚園、学校における定期健康診断の事後措置の強化
 ・保育所(園)・幼稚園、学校における定期健康診査の結果、フォローが必要と判断される幼児や児童・生徒については、適切な予防措置、治療の指示、保健指導を推進していくとともに、これらの措置等が確実な治療・療育へと結びつくよう、その後の管理体制を強化していきます。

 ○計画的な健康づくり運動の展開
 ・子ども・保護者を含め町民全員が、計画的に健康づくりに取り組め、また、健康づくりを社会的に支援できるよう、熊野町独自の健康増進計画「健康くまの21計画(仮称)」を策定します。

 ○予防接種の推進
 ・未接種者への個別通知を実施し、接種率の向上に努めます。
 ・町広報紙やホームページ等を通じて、予防接種の必要性や受け方についての周知を図ります。
 ・予防接種をより受けやすくするため、かかりつけ医による接種を行える広域的な個別接種体制を検討します。

3 障害児への療育支援
 ○地域療育体制の整備
 ・地域での療育を推進するため、各地域健康センターに相談窓口を設け、より身近な場所での相談体制を整備するとともに、障害者(児)ケアマネジャーの養成を進め、障害児一人ひとりのニーズに応じた情報提供・相談助言を行います。
 ・保育、教育、保健・医療・福祉など各関係機関の連携による障害児それぞれの成長段階に応じた総合的な療育ケア機能の整備を推進します。
 ・障害児を持つ保護者等を中心として実施しているサークル活動「スマイルキッズ活動」を、継続して支援していきます。

 ○障害児在宅福祉施策の推進
 ・障害児本人及びその家族の日常生活を支援するため、デイサービス、ホームヘルプサービス、ショートステイサービス等をはじめとする各種在宅福祉サービスが、必要なときに身近な地域で利用できるよう、総合的・効果的・効率的な提供体制を整備します。
 ・障害児の社会的自立を促進するため、地域バランスを考慮しながら小規模(共同)作業所の法定施設化、並びに増設を計画的に進めていきます。

 ○障害児教育体制の充実
 ・小・中学校における障害児教育を、保護者との連絡のもとに一層きめ細やかに実施します。
 ・障害児など、特別な教育ニーズのある子どもたちのために、小・中学校における障害児学級をはじめとする特別支援教育について調査・研究を進めます。
 ・放課後児童クラブについて、就学支援と同様に本人及び保護者の意思を尊重しながら、適切な受け入れに努めます。

【目標指数】
注 2、6、8、10、11、12の現況は平成15年度実績 注 1、3、4、5、7、9の現況はニーズ調査より

目標指数 目標指数 目標達成率
項目 現況 平成21年度目標 平成20年度
妊婦の喫煙・飲酒率 ・喫煙率  10.6%
・飲酒率  未把握
・喫煙率  0%
・飲酒率  0%
・喫煙率  8.6%
乳幼児健康診査受診率 ・乳児健診  78.7%
・1歳6か月児健診  81.6%
・3歳児健診  85.7%
・乳児健診  増やす
・1歳6か月児健診  増やす
・3歳児健診  増やす

・乳児健診  87.5%
・1歳6か月児健診  83.8%
・3歳児健診  84.2%

乳幼児健康診査満足度 ・満足項目への回答率(就学前調査)  69.1% ・満足項目への回答率(就学前調査)  増やす 未調査
かかりつけ医のいる割合 ・就学前調査  81.7%
・小学生調査  67.6%
・就学前調査  増やす
・小学生調査  増やす
・就学前調査  87.2%
・小学生調査  80.1%
休日・夜間の小児救急医療機関を知っている割合 ・就学前調査  81.4% ・就学前調査  100% 未調査
子どものう歯の状況 う歯保有(一人当り)
 ・1.6才  4.6%(0.16本)
 ・3才  41.6%(1.06本)
う歯保有(一人当り)
 ・1.6才  0%
 ・3才  0%
う歯保有(一人当り)
 ・1.6才  7%
 ・3才  28.3%
家庭での仕上げ磨きの状況 ・仕上げ磨きをしている割合(就学前調査)  49.9% ・仕上げ磨きをしている割合(就学前調査)  増やす 未調査        
地域における食に関する学習会の開催 ・開催回数  12回
・開催か所数  3か所
・開催回数  増やす
・開催か所数  増やす
・ 開催回数         12回
・開催か所数  3か所
子どもの朝食摂取率(「毎日食べる」への回答率) ・就学前調査  89.9%
・小学生調査  91.3%
・就学前調査  増やす
・小学生調査  増やす
・就学前調査  89.5%
・小学生調査  93.0%
10 スポーツ少年団入団率(小学生) ・入団率  20.0% ・入団率  増やす ・入団率  28.4%
11 健康増進計画の策定 未策定 ・策定年度  平成18年度 ・策定済  平成18年度
12 放課後児童クラブにおける障害児の受け入れ ・対応クラブ数  4か所 ・対応クラブ数  4か所 ・対応クラブ数  4か所


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp