このページの本文へ移動

療育手帳の交付

■対象者
療育手帳は、知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の支援を必要とする必要があり、広島県こども家庭センターにおいて、知的障害と認められた人に交付されます。
障害の程度によって、○A(最重度)、A(重度)、○B(中度)、B(軽度)の等級があります。

■申請手続きに必要なもの
※広島県こども家庭センターで判定を受けた後に申請していただくことになります。
・申請書
・写真1枚(縦4センチメートル×横3センチメートルで、最近6か月以内に撮影、脱帽して上半身を写したもので、原則無背景のもの)
・印鑑

■再判定
年齢に応じて判定の期限が定められています。次期判定年月が近づいたら、広島県こども家庭センターで予約を取り、判定を受けてください。
 
■その他の手続き
次の場合には手続きが必要です。
・手帳を紛失または破損したとき
・住所が変わったとき(転居)
・氏名が変わったとき
・他の都道府県または広島市へ転出するとき
・手帳の交付を受けた人が死亡したとき  など


このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 民生課
TEL/082-820-5635   FAX/082-855-0155
E-mail/minsei@town.kumano.hiroshima.jp