このページの本文へ移動

中央ふれあい公園オープン

郷土館横に

中央ふれあい公園オープン


中央ふれあい公園の写真

 かつて本通りと呼ばれていた中溝の商店街通りは、長い歴史の中で文化、伝統を育み、商業の中心となって活躍していました。

 しかし平成4年ごろから商店数、従業員数、年間商品販売額、売り場面積のいずれも減少しています。

 平成11年に熊野町は、この中溝通りを中心とした区域を、「熊野町中心市街地」と指定し、「活性化基本計画」を定めました。

 周辺の都市機能の推進や経済活動の向上を一体化に図るとともに、「熊野町らしさ」の伝承にも十分に配慮しながらも、地域の活性化を目差して、この度、「中央ふれあい公園」が郷土館横に完成しました。

中央ふれあい公園の写真 中央ふれあい公園の写真
中央ふれあい館と一体的に利用でき、住民同士のふれあいを大切にするコミュニケーションの場として、中央ふれあい公園が完成し、平成16年4月8日(木)より、皆さまに利用して頂けるようになりました。

複合遊具(ブランコ・滑り台など)や公衆便所がありますので、お気軽にお越しください。

また、皆さまが、気持ちよく利用できるよう大切にお使いください。

中央ふれあい公園遊具写真

 

なお、工事期間中は、皆さまに大変ご迷惑をおかけしました。ご協力に感謝しお礼を申し上げます。

しだれ桜を寄附していただきました

中央ふれあい公園内に、平成16年3月24日(水)、広島あさひライオンズクラブ(荒谷裕明会)の皆さま約13人が、しだれ桜を植樹してくださいました。
ありがとうございました。

しだれ桜の植え込みの様子
広島あさひライオンズクラブのみなさんの写真

(2004/4/28更新)


このページに関するお問い合わせ

熊野町建設部 都市整備課
TEL/082-820-5608   FAX/082-854-8009
E-mail/toshiseibi@town.kumano.hiroshima.jp