このページの本文へ移動

公的個人認証サービス申請書

公的個人認証サービス平成16年1月29日より開始

 行政手続のオンライン化の進展に伴い、個人がインターネットを利用して、行政機関に対して電子申請・届出等を行う機会がますます増大していきます。こうした電子申請・届出等については、申請者が本人であること申請内容がオンラインの途中で改ざんされていないことを保証するサービスが不可欠となります。

 公的個人認証法に基づき実施される公的個人認証サービスは、このような課題に対応するため生み出されたものです。

広島県知事は、サービスの利用を希望する人に「電子証明書」を発行 発行を受けた人は、電子申請の際にその証明書を添付 電子申請を受理した行政機関(「署名検証者」)は、添付された証明書の有効性を知事に確認

 この制度は、上記のような仕組みになっており、電子申請の際に申請者が本人であることや申請内容の改ざんの有無が確認できます。

申請方法

公的個人認証サービスを受けるためには、まず、住民基本台帳カードを入手してください。住民基本台帳カードは1枚500円で交付されます。

市町村の窓口で電子証明書発行申請書と本人の写真のついた官公署の発行した免許証、許可証、資格証明書を提出し、職員の指示に従って、設置されている装置を使って鍵ペアを住民基本台帳カードの中に作成し、そのカードを窓口に提出していただき、広島県知事が発行する電子証明書の発行を受けていただきます。

 利用する際のパスワード(英字(大文字)又は数字で4文字以上16文字以下)を考えておいてください。
 1通500円で原則3年間有効です。

電子証明書の提供を受けた方は、ご自宅からインターネットを使って行政機関等に対して申請をすることができます。
この際、行政機関への申請書等とともにICカードを使って電子署名と電子証明書を送るため、ICカード読み取り装置(ICカードリーダ・ライター)が必要になります。

HP公的個人認証サービス関係サイト

公的個人認証サービスポータルサイト(1/29から開始予定)
http://www.jpki.go.jp/

電子政府・電子自治体の推進のための行政手続オンライン化三法について
http://www.soumu.go.jp/gyoukan/kanri/sanhou.html

熊野町ICカードリーダライタ住基カード対応表→

問合せ先:熊野町 住民課TEL(082)820-5604

(2004/1/30更新)


関連情報

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)