このページの本文へ移動

歯と口のこと、大切にしていますか?

虫歯6月4日~10日は歯の衛生週間です。歯と口の健康は、全身の健康に影響します。これを機会に自分の歯と口のことを振り返って見ましょう。

●虫歯や歯周病があると?
 痛みや口臭だけでなく、細菌が血管に入り込み、全身をめぐって様々な病気を誘発します。また、痛いとよく噛めません。

●歯が抜けると?
 かみ合わせが悪くなり、筋肉や関節の病気を引き起こします。また、かむ力の低下は、栄養の偏りや生活習慣病にもつながります。

●しっかり噛むと?
しっかり噛むことは、食欲を抑制し、肥満の予防につながります。また、顔の筋肉を鍛え、噛むことで脳への血液循環も良くなるので若さを保つことにもつながります。

●歯周病をセルフチェック
次の項目に1つでも当てはまる場合は歯周病の可能性があります。歯科医療機関で検診を受けましょう。
□歯肉の色が、赤や紫かかっている
□歯肉がむずがゆい感じがする
□朝起きたとき口のなかがネバネバして気持ち悪い
□歯をなめるとヌルヌルザラザラしている
□人から口臭があると言われた
□歯と歯の間が広くなって食べ物が詰まりやすい
□歯を磨くと歯肉から出血する
□歯がぐらぐらして硬いものが噛めない
□歯が前よりも長くなった気がする
□歯肉を押すと膿が出る
    (海田地域保健対策協議会作成『歯周病から歯を守ろう』から引用)



●『毎食後』と『寝る前』に歯磨きをしましょう
虫歯や歯周病を防ぐには、食後に歯磨きをし、原因となる歯垢をためないことが大切です。また、就寝中は唾液の量が減り、細菌の活動が活発になるので特に丁寧に磨きましょう。
 そうは言っても時間がない時はうがいだけでも効果があります。また、お風呂に入りながらやテレビを見ながらなど「ながら磨き」もいいです。


●歯科検診を受けましょう
 歯と口の健康を守るためには、毎日のセルフケアだけでは限界があります。定期的に歯科医に診てもらいトラブルを早期に発見できるようにしましょう。
熊野町住民健診(集団)では、歯周疾患検診を行っています。内容は歯科医師による診察と歯科衛生士による歯科相談です。個人にあった歯と口のケア方法などを知ることができます。詳しくは「熊野町住民健診(集団)のご案内」をご覧ください。
歯磨き

このページに関するお問い合わせ

熊野町民生部 子育て・健康推進課
TEL/082-820-5637   FAX/082-854-8009
E-mail/kosodate-kenko@town.kumano.hiroshima.jp