このページの本文へ移動

平成14年5月20日から戸籍事務がコンピューター化


平成14年5月20日から戸籍事務がコンピューター化


 

戸籍事務は、住民記録事務などと同じく、住民に密接な事務です。

今まで記載内容が複雑なためコンピューター化が遅れていましたが、平成14年5月20日から戸籍事務も電算化になりました。

 

戸籍手続きは変わりません

戸籍事務が電算化されても証明書の交付申請は今までと変わりません。本人のほか、直系親族の方の申請に基づき交付します。郵便でも請求できます。

この場合

 全部事項証明(戸籍謄本)・ 個人事項証明(戸籍抄本)   450円

 除籍・改製原戸籍謄本                     750円

の手数料と、切手を貼った返信用封筒を同封して申請してください。手数料は郵便小為替でお願いします。

 

証明書の様式が変わります

今まで戸籍文章は手書きまたは和文タイプによる、たて書きですが、これからは横書きになり、数字が分かりやすくなります。

これまでの戸籍の様式 コンピューター化された戸籍の様式
 

 

 

問合せ先 住民課 (TEL 820‐5604)